11/17

 まいど。



 リハビリ中に撮った普通のパノラマ。M4/3・28mm自動合成できますねー。
 本来のパノラマはこういうのだろうと一応確認。自分でやってみないとね。

 ◆

 頭のなかでモヤモヤとAoH更新内容考え中。
 私の苦手な配列制御が出来ればあるいは……
 それを実現するためにも心身共に健康でいないと頭働かへん。


11/19

 まいど。

 unityのバージョンアップでなのかブラウザのアップデートでなのか、いつの間にかWebGLでのブラウザ上の動作が軽くなってました。
 AoHが動くので「ブラウザでそこまで出来るのかーすごいなー」と思う反面、いくつか問題が。



 私が気づいたunity Ver5.4.5P5現在のWebGLビルドの問題点?

・標準フォントが日本語非対応。
 再配布可能な日本語フォントに差し替えればOK。Noto Sans CJK jpとか?

・キーコンフィグが出来ない。
 PC版の起動時の公式キーコンフィグでしかエディットできない仕様のはず。
 キー状況そのものではなくunityを仲介した仮想入力形式のためゲーム内部でキーコンフィグをいじる事もできないはず?(裏技的にがんばれば可能かもだけどそこまでは未確認。これがキーコンフィグを作れていない理由です。)

・データのセーブ&ロードが出来ない。
 バイナリファイルへの保存とレジストリ保存を試したけど無理なのを確認。
 せめて音量は快適な塩梅でセーブ・ロード出来ないと開くごとにうるさかったり聞こえなかったり。

・何故か音声が途切れる時がある。ブラウザ負荷の影響でしょうか。

 ・・・こりゃあAoHよりももっと小規模なミニゲームでもちょっと不快な環境かもですねー。
 何か打開策あるかなー。



11/25

 まいど。

 相変わらずカメラ遊び。恥を忍んで汚部屋御免。



 オリンパスボディキャップレンズ9mm F8魚眼。35mm換算18mmF16。
 ISO高感度でノイズが出るM4/3の痛い所をF8という暗さで公式自ら突いて行くとんがったキャップレンズ。

 風景で12mmより広く欲しくなったら出せばいいや的にキャップとして使ってましたが、ふと遠隔ストロボで天井バウンスをさせてみたら室内でも急に優等生な写りになったので嬉しかったので載っけてみます。

 暗いレンズなら外を明るくすればいい、確かに道理だけどここまで写るレンズだったとは。

「それより キンチョール立てて!」
「タコ足配線+キンチョールのLPガス=ヤバイ!」

 と、アニメの背景で本棚に並んだタイトルが無駄に面白いみたいなネタ振り、ボケだと無理だしパンフォーカスでそういう遊びできないかな。

 でもまぁ、広角ムズイ!



11/28

 まいど。

「楽しいものを探す」ではなく「楽しくさせる方法を探す」のだー



12/01

 まいど。



左:鉛筆で描いた絵をスキャナで取り込んでちょっと色いじったの

右:鉛筆で描いた絵をAndroidタブレットのカメラで写して、ibisPaint Xでなぞってみたの
 (所要時間約6時間@初使用)

 アニメ塗りとか私じゃ無理そうだったので鉛筆絵っぽくしました。
 でもスゴイの描いてる人いるんですよねー。

 たまに「万年筆一本だけでやってみよう」とか遊びますが、それみたいな縛りプレイでムキになってやってました。


 こちらはいつものデスクトップPC+SAI+2013年版の板タブで1時間。ちょっとibisPaint Xの6時間を気にして急ぎました。
 いつも通りです。

 ……こっちも鉛筆風にしたほうが良かったかな。




12/02

 まいど。

 昨日のアイビスペイントX。
 だんだん慣れてきて、かなり描けそうな感触に成ってまいりました。
 よく分からないけど慣れればいけるっぽい。
 けど現状速くは描けないので取り急ぎご報告。

 昨日長文に成らないように文章を削ったら削りすぎたけど、
 『なぜかムショーに描いてみたく成る、謎の魅力』があります。



12/03

 まいど。



 だいたい塗れたのでUp。
 以前このサイトに出した鉛筆絵(左)をネット経由でダウンロードして仕上げてみました(右)。ツールのカウントでは所要時間4時間29分。タッチパネルでもやれば書けます。NKT...


 アイビスペイントに「描いてみた」機能があったので、4時間29分を1分の動画にしてみました。
 コレだけザクザク描けたら良いのにねー。
 あ、使用機種d-01Jです。

 出先でガチの絵を描きまくれたらいいのになぁ。



12/05

 羽生新竜王、永世七冠!おめでとうございますっ!!

 まいど。

 静電容量式タブレットでどうにかして描くのやったらカメラのセンサの話がどうでも良くなってきました。むしろピンホールカメラとか二眼とかに興味が。



 いつもの自室で実験。
 コンデジ、SX720HS、1/2.3型センサーでボケ写真。
 フルサイズのセンサーサイズが36×24mmでこちらは5.3×4mm。どうでしょ。

 先月のボケパノラマの実験と同じ場所。構図は違うけど大差ないでしょ?

 まぁ単に『ピントの合った写真』とピントをずらして『全部ピンぼけにした写真』を合成しただけですが・・・それと大差ないフルサイズの使い方ってのもあんまりだったなと。

 使いこなせるようにしよう!
 まぁ、私なので「じわじわいくよ~」ですが。



12/13

 まいど。
 題材に困ったらスク水の自分ルール。

 絵、練習。

 ちと明暗を深くしてみた。しまらない顔にこの色使いはない。

「なぜか初代5DやD750はこんな感じにいらん時に影が深くなるよなー」と思いながら描いたけど、日中シンクロやレフ板などで影を照らすくらいしか解決方法無いのかな?





12/14

 まいど。

「Hey Siri! アスラーダに改名して」「それはできません」 ダメカ

 おなじみの絵で仕上がり比較。
 遅ればせながら?iPad ProとApple Pencil 入手しました。
 画材として。

 ペンと液晶はいい感じです。
 正確だし素手で画面に触れてもペン入力できる。

 Web用途の絵は問題ないです。Webマンガも行ける。
(レイヤー数が少ないかもだけど)
 同人誌の原稿など印刷画質で描く人は途中でPCへの切り替えが必要っぽい。

 まぁ印刷と比べれば若干低画質だけど『フルカラーの絵道具一式をここまで小さく持ち運べる』のはスゴイデスヨ。

『印刷画質はカンベンな!』そんな感じのちょっと縛りのあるサブ機。

 最高のスペックではないけど一式揃って小型軽量……マイクロフォーサーズ?
 サブ機はメイン機よりも肌身離さず使い倒してこそサブ機。
 私はそういう道具を好むようです。

 上の一枚はアイビスペイントで描きました。印刷画質にしてペンの遅延を確認。

 水彩色鉛筆風も行けますかね。
 この絵と昨日の絵はメディバンペイント。

 いろいろ試したけどメディバンが作業の中心に立ちそうです。

「ほとんどPCの絵描きソフトと変わらない」
 だけでなく、PC・クラウド・他アプリとの
「データの読み/書きもしっかり出来る」
 のでこのツールに集まる感じ。
 Windowsなら必ず押さえる基本っぽいデータ送受が出来ないアプリが多い気がします。

 専用クラウドもあるのでPC版メディバンペイント(無料)も使ってみようそうしよう。

 PC版のTABキーのウインドウの表示/非表示機能のiPad版への移植を切望します。(今は3つボタンを押さないと全部消えないコレが絵作業で一番面倒だった)
 三本指タップとかで一発で切り替えられたら良いのに、と全部窓が開いたらほとんど見えない10.5インチ縦置き派は思うのであります。

 それにしてもiCloud、One Drive、Creative Cloud、グーグルドライブ、Dropbox、メディバンのクラウド、クリスタのクラウド……クラウド多いな!



12/17

 まいど。

・カメラ方面:そう言えば今年もアンドロメダ狙えなかったなぁ。
・以下絵方面。



 ロケ地、ゲームマップ西・雪山島対岸ビーチ。を想定。

 iPadにて作画。データ受け取りと縮小出力だけPC。
 印刷画質4093*2894レイヤー30枚以上、行けました。
 最後の方多少処理落ちしたけど手軽に書けるからついつい書いちゃう。

 ゲーム中のちっこい飛行機はぷちファイター。

 同じ形で人がキャノピーの中に入れるサイズはSSTO(宇宙へ行ける飛行機)。
 ぷちファイターは本来はSSTO内蔵のUAV。

 下書きに使ってるsketchbook。
 このツール、レイヤーのクリッピングがムリなので仕上げは致命的ですが『PSDのやり取りがやりやすい鉛筆シム』な気がするので鉛筆やるならコレ。

 一旦PCで自作モデルのスクリーンショットを貼り付けてトレースしました。

 10.5インチでCGやれるのが楽しくて描くのにハマってます。
 ハマりすぎて、さすがに描きまくりすぎました。体力げっそりです。

 今日は寝る!眠りまくる!!



12/18

 まいど。

 最近画板としてiPad使ってるわけですが、

 朝気づいたらApplePencilのペン先から金属が見えて交換時期が来てた。5日?早くね?
 数カ月持つものかとてっきり。
 替芯を売るなら鉛筆1ダース分くらい持って欲しい。

 描くのスゴイ楽しいからついつい描くのだけど、そうやってると替芯4個1箱で20日かー。一日100円オーバー。

 素人にしてはかなり病的に使ってた気もしますが……

 ワコムのステンレス芯みたいなコスパの良い代替品無いかなー。




12/19

 まいど。

 ApplePencilの芯のリサイクル方法を考える。
 教えません。私が実験するだけ。

 個人の実験と結果の羅列です。


実験1:先端にアロンアルファ。液体をチョン付けし結晶状にする。
結果1:一応使用は可能。描き味は不快なほどザラザラ。

実験2:先端にプラモのサーフェイサーを塗布。
結果2:硬化してもガンガン削れる。乾燥時間も長い。

実験3:テーピングののびるやつを付ける
結果3:編み目の隙間から先端がコンニチワ。

実験4:実験3のテープを実験2のサフに浸して固めよう。
結果4:私が固まるまで待っていられない!!(短気

実験5:先端にアロンアルファを付け、ティッシュに押し付けて、接着してから千切る。その後ペン先を整える。
結果5:加工に慣れれば今回の実験で一番実用的。
 しかしアロンアルファにタブレットやペンの組み合わせは明らかに不吉。再起不能もあり得る。


 というわけで実験5でお試し中。
 無駄なティッシュが剥がれれば剥がれるほど快適になっていっております。
 でもアロンアルファで液晶保護シートのほうが削られる可能性もあるし、実験結果を結論に結びつけるにはまだ早い。
 だから誰にもオススメしてるわけではなく私はこんな事をしていましたという話です。



12/20

 まいど。

 下絵を使って絵の印象を変えられないか試行錯誤。

 ただ汚いだけだった!そんな日もある!

 iPad、取り回しが良くて下書きに向いてますねー。下書きならsketchbookのほうがやりやすい。

 PCは自分の姿勢が縛られて身を削る以外は自由なので塗りと速さがいい感じ。そのへんやっぱりSAI。なぜかクリスタが肌に合わない。

 ペン入れは……あたしゃ気分で。
「下書きを作り込んでいたらペンを入れまでやっていた」と軽い気持ちでペン入れに入れるのがスキャンという壁がある紙とは違うPadの良い所かも。

 思わずPC画面をタッチしちゃいます。
 iPadのブラウジングでマウス握っちゃう。



12/21

 どんなものも「思い通りに自分が操る」までは行ける。
 「自分の実力以上」は出来ねぇ。
 そもそも自分の実力以上の事をやれる機械は機械の実力じゃないか。

 まいど。

 向かって左練習。




12/23

 まいど。

 キャラ絵以外を色々練習。

 うちのキャラ、生身で空を走るのが当たり前だから地面の場所を失念してましたが、まあいいや。





12/24

 まいど。

 何年ぶりだろう。クリスマス絵。

 クリスマスイブって言うと日本だと意味がぼやけて事実上子供や若者がヨクボーを満たす日みたいな意味合いに成ってる気がするので、

「マリアさんが気張った日」とかに……
 するとマリアさんが石像から血の涙流しちゃうか。
 何か妙案ないかな。

「ダイエットの天敵の日」?
 そうなるとジーザスやニコラウスがダイエットをやめさせる悪魔みたいな言い草になっちゃうなぁ。

 う~ん。



12/25

「逆に考えるんだ。落ちた場所が本来の遊び場なんだと考えるんだ」

 まいど

 班長を壺に入れてみた。
 いつもと大差ねぇw

 巷で話題の?「Getting Over It with Bennett Foddy(\820)」を購入。

 プレイヤースキルへの依存が強い、心折設計アクションゲーム。


 なんか阿鼻叫喚な実況がいっぱいありますが、私はゲラゲラ笑いながらやっとります。

 誰にも迷惑かけない失敗は笑って良い。



 ツボに入ったおじさん(歩けない)がハンマーでモノを引っ掛けたり振った反動で飛んだりして(瓦礫の)山を登っていくゲーム。
 キャラも世界観も独特すぎるアクの強さですが、最大の特徴が↓



 ミスって落ちると最初の場所にたどり着くマップ構成。よくできてます。良くも悪くも。

 私は気に入っています。
 絶対に他人にオススメはしませんけどね?
 コレ系は好きな人は好きなんだ。
 TRIALSとか海腹川背とかがいける口な人なら結構行けるかも?

 そんな感じの人を選ぶプレイヤースキルゲームな気がします。

 あたしゃ1日で悪魔城っぽい所まで行って落ちて最初に戻りました。オートセーブなんて飾りです。体で覚えるようにマップができてます。

 RTAさんすごいのよね。上級者を真似てみるのもまた良し。好きなステージでアスレチックするも良し。

 なんだか私は自分のスキルを使って余暇を楽しむ遊びが好きなようで。
 プレイ時間が必要なゲームよりはこういう方がありがたい。




12/26

 まいど。頭の体操。



①「偶数だったら2で割る」
②「奇数なら3をかけて1足す」

 単純なこのルールを「繰り返すと最後には1になるはずだ」と言った数学者がいたそうなので計算させてみた。

 さっきググったばかりですが、コラッツの問題というらしい。
 詳しいことはよく分かってないけど手順が簡単だったので組んでみた。

 こういうのを「試しに見てみようぜ」となるとやっぱり行番号BASICが頭に浮かびます。


12/28

 まいど。

 先日のコラッツ数列を表示するプログラムをJavascriptに移植してみました。
 私の練習で普通に組んだだけなので変数に入り切らない数字や「76287755398823936」とか諸々サポート外です。



12/31

 まいど。


 今年のシメにしてはしまらないけどラクガキ。

 それでは良いお年を~。







平成29年12月分 マツバラン