04/20

 まいど。

 ゲーム制作の方は休養中。
 例のごとく処理の考えが私とunityで真逆だったのでやり方検討中。

 息抜きにカメラのボケについて実験してました。
 有効径(焦点距離÷F値=レンズの大きさ=ボケの指標)上から21,27,28.

 カメラとレンズでボケがどう違うかとかセンサーサイズの差とか被写体とカメラマンの立ち位置の違いについて撮影したり計算したりしておりました。

 フルサイズの便利さ不便さ、
 m4/3の便利さ不便さ、
 どちらも体験して計算で確認してみました。

 センサーサイズの差をレンズ性能で埋める場合や、同じレンズでカメラマンの立ち位置で埋める場合、焦点距離とF値を現実的にいじって立ち位置で補う場合……いろいろ計算してみたけど、式が長いので割愛。

 フルサイズよりは位置取りに難儀するので小さいフォーマットではボケは不利と出たけど、フルサイズが毎日持ち運べるかといえばそれもまた違うしで用途や好みによるかなと。

 私はしばらくm4/3だろうなぁ。

 私がMSX2使いの頃、PC-9801やX68000とのスペック差ほど歴然とした差ではないのでラクなもんです。

 m4/3にはない400mm/F2.8レンズとかそっちのほうが歴然とした差かな。でも有効径がでかいレンズはでかいし重い。望遠レンズになるとお値段もエライコッチャ。
 もしも買ってもウォーキングのお供に振り回すとか無理だろうなぁ。


04/21

 まいど。

 Melty Blood Actress Again Current Code
 同人ゲーの頃のメルブラから何年経ったかすっかり忘れてしいましたが、久々のPC。
 格ゲーとして多々強化されてますね・・・システム理解出来てません。

 わずかな勝利セリフと会話演出くらいですが、きのこテキストの独特さはやはり心地よい。
 真似てみたく成ります。私では猿真似にもなりませんが。


 メルブラからは逸れて、小説やノベルゲーになりますが……
 メシのために速く書くプロ作家は山ほどいる。
 けれど文の芸を見せて楽しませてくれる人は今の時代この人だけかもしれない。

 もう少し腹を割ってしまえば、他所の作家の、見え透いたどんでん返しを隠すことに躍起になっていたり必死に分かっていない科学理論で言い訳をする文面はもう御免です。作り手が注力すべきはそこじゃない。

 空の境界もう一度読もうかな。アニメ版俯瞰風景の戦闘シーンとかも好きなんですよねー。



04/22

 物を作りたいだけのはずなのになんか道を踏み外してる気がする。軌道修正。


04/24

 まいど。

 03/18の日記絵からペン入れレイヤー分けで変形。
 ママの機体、こういうの考えてました↓



 「2段可変翼って、アニメ・ゲームのトンデモ兵器でも見たことなかったような?」
 と思ったので、見てみたくて描いてみた次第。

 オモシロ変形大好きだけど、ちとやり過ぎたかもわからへん。



04/25

 まいど。

 マクロスΔ、前進翼を下に折ってナナメ上の尾翼と環状翼気味のカタチを描く・・・河森さんさすがです。


04/26

 まいど



 不明なユニットが接続されました。



 パパの機体「ヤバイ感をもっと出したいなぁ」 というわけで改装。

 ダメだ。これはイロモノ枠だ。違うヤバイになってもうた。



04/29

 まいど。
 ちょいと野暮用中であります。



 大洗に行ってきた友人からおみやげでメガネ拭きとみるくせんべいもらいました。
 ありがたし。


05/01

 まいど。

 DoNの姉妹機。名前未定。DoNも改名するかも。

 オペ子こいつでCV結月ゆかりにしようかと。
 キャラクターの皮はオリジナルで固める算段。

 正直ボカロボイスロが自キャラで飛ぶゲームでリアルな実機で云々というのが多くの人が望むゲームだというのは百も承知。

 それでも自分の好きな様に作らなくちゃ完成もままならんです。





05/03

 珍しく定刻通りの5月病、げに恐ろしきは勝手の分からん他社の同窓会。

 まいど。
 今年は葬式にばかり出てるマツバランです。
 葬式と四十九日で一週間身柄を拘束されるってどういうことよ。

 ◇

 ONE(オネ)試し書き。
 髪型一見普通に見えてさじ加減が超難しい。挫折。

 未練がましく音声ソフトがゲームキャラとして出る場合の話も考え中。マクロスデルタってもしかして超いいお手本かも?



 それよりレーダーとFCSを作らないと・・・




05/06

 ONEのカラーリングがどうしてもドッペルギャンガーの自転車に見えて仕方がありません。

 まいど。

 IA(イア)試し書き。

 公式からしてめっちゃキレイ系かっこいい系で攻めているイメージがあるので趣味もオサレなの・・・
 と来るのが普通の流れだとは思うのだけど、私はそれが堅苦しい。ウケない残念な趣味を必死に隠しているほうがしっくり来る。





05/06-2

 まいど。

 ※今回の記事はユーザーさんにオススメしているわけではありません。あわよくばロジクールの中の人が改良してくれたら良いなという感じです。

 私のマウス・ロジクールM705r(二台目)。1年と10ヶ月でまともに右も左もクリックできなくなりました。保証期間など知ったことか。今すぐ使えない道具は道具じゃない。だから道具にさせてやる。
 というわけで。

「この手に限る」

 ついカッとなってやった。
 今では正常動作している。

 クリック部分を手で折り曲げてねじ切って、ニッパーやヤスリで形を整えて、セロテープで遊びを持たせながら固定で完成。

 PPもABSもPETもポリカーボネートもこんな簡単にねじ切れないぞ何だこの部材???

 「スイッチ接触部が削れる」という話は聞いたことがあるけど、私的にはプラ材が弱すぎてボディ上部の皮がスイッチから逃げるように曲がった可能性もある気がします。

 何はともあれ案の定電子的なチャタリングではありませんでした。機械的トラブル。



05/07

 まいど。

 えーと久々かもしれないむかしアイテムコーナー。前は親父の初代PEN-Fレンズでしたっけ?



 またもやオヤジの。計算尺。

 全長15センチだから携帯用でしょうか。筆箱に入るサイズ。リコーのNo.505。メイドインジャパン。

 「一個くらいほしいな~」と思っていたのですが、動く目盛(カーソル)がない状態で発見。
 おとんの事だから無くすか壊すかしたんだろうなぁ。

 ぐぐって乗算、除算把握。三角関数も必要な所は把握。(加算減算が基本できないことも把握)
 ケタの扱いなど計算尺特有の使い方があるようで。

 私は3Dゲーム作りで三角関数の数値から角度を何度も調べるのですが、PCやポケコンより計算尺はそこを楽に出せる。デジタルほど正確じゃないけど把握するには十分。コレはありがたい。

 計算尺修理したいなぁ。
 というわけで今後どう直すか考えるのも楽しませていただきます。

 その一方で新品も欲しくなっております。
 しかし写真みたいな直定規型はとうの昔に絶版だそうです。残念。
 あるのは学習用の紙製と、現役で使われている円形計算尺。
 円形は脱線しなくてより実用的っぽいです。飛行機飛ばすのにも使うとかナントカ。


 学力云々以前にまず数字と慣れ親しむべき私には良いアイテムのように思います。



05/08

 まいど。
 工作するといきいきします。



 スマホケースのパッケージだったPET樹脂でカーソル作ってみました。
 非常に見やすく成りました。

 デバッグでのざっくり把握を想定していましたが、使ってみた感じ一定の『比率の計算』とかすぐ出来て便利。
 というわけでカメラの焦点距離を35mmセンサーに換算してみる。

 とはいえ私のm4/3は焦点距離2倍だから25mmレンズは換算50mmと簡単に出てしまうので、
 持っていないAPS-Cセンサー(今回は1.6倍のを想定)で25mmレンズで計算してみました。40mm。

 同じセンサーサイズならあとはカーソルを移動するだけで別の焦点距離も換算できるのでズームレンズの換算でどんな感じか想像するのに便利っぽい。

 これは面白い。


05/11

 まいど。
 計算器&計算機にハマってもうた。



 衝動買い。

 まるいのが円形計算尺 コンサイスNo.300(左上:一般技術計算尺)とNo.480(左下:日数計算尺+万年カレンダー)。そしてもう随分前から気になってたプログラム関数電卓カシオfx-5800P(右)。

 円形計算尺は初体験ですが目盛りが読みづらいです!
 横一列じゃなくて曲がってるから数字を探しているうちに隣の尺に目が移っちゃう。
 実用性重視の私は蛍光ペンで色をつけちゃいたいけど・・・自重しています。

 計算精度は良くて有効数字3桁くらいかな。さすがに電卓にはかないません。というかこの精度では関数電卓の出現で一気に滅びるのも分かる。一応円の中央の方に目盛りが少なくて済む尺を入れる事で精度を高く保つメーカーさんの努力が伺えます。

 日数計算尺は農業用っぽいですが自然や季節に関わることを考えるお供にいいかもです。
 渡り鳥や花をよく撮るのでそこら辺の感覚をカレンダーとは別の視点で養おうかと。
 万年カレンダーもうるう年対応。1905年から2022年まで対応かな。
 戦艦大和の進水日1940年8月8日→「うるう年で木曜日だったのかー」とか調べて遊んでます。

 どちらも「実用だったらパソコン・スマホ使うよ」と成ると思いますが、別の形で見るのがなんか楽しい。

 いろいろ遊べて面白いのですが、小さいわりに数字が出てくるオヤジの実用性高い
 No300やNo480は多機能型なのでこれはそれで机の上に置いておきたい代物。タテにサクッと。

 さてプログラム関数電卓。早速パトレイバーの真似してみました。
 こちらの言語一応BASICベースなんですが「文字列・グラフィック系の命令をそぎ落として、更に命令を記号化させて計算に特化」した印象。
 BABEL以外にも「親父の計算尺の1~10の目盛りが何センチの位置にあるか計算するプログラム」とか作ってみましたがキーボード無しでも別段不便には感じておりません。命令をメニューから選ぶ形式でアルファベットを打つ回数が少ないです。

 プログラムリストでの「INPUT」が「?」、「PRINT」が「⊿っぽい記号」、「A=A+1」が「A+1→A」
 と特徴的な記述ですが元はBASICなので経験者はすんなり行けるかと。行番号無しなので書き足しやすいです。MSXエミュレータと同時進行で同じプログラム組んだりしてみました。(MSXはlog()が自然対数でlog
10()じゃないので変換しました)

 私の作業場へ持ち込むとしたらfx-5800Pかなー。カシオVX-4には26年頑張ってもらったけど晴れて退役、かな?まだ分からんけど。
 大きさ・重さが関数電卓、駆動が単4乾電池1本。ポケコンからするとかなりの軽さ。
 スマホでプログラム、と考えた時期もあったけどエラー落ちコワイので別ハードで持ちたい。

 贅沢を言うならプログラムをSDカードあたりにセーブできればリセットしても安心なのだけどなぁ。





05/14

 まいど。

 学んだことをあらぬところで使ってみる。

 松原さんたちのいる第16研究班のロゴ?エンブレム?

 円形計算尺の2×8=16を抽象化。
 あんまり複雑な図案はまだイメージ出来ないデス。

 つけてみた。
 円形エンブレムによくある台紙と縁取りがないと見づらいっぽい。

 衣装のカラーリングに困ったので家で今咲いてるアヤメから。

 護衛ロボ子の名前、アヤメの英語からアイリス1・アイリス2…って連番でいいかな。

 変に他にない名前を選ぶより覚えやすく言いやすい名前のほうが何かと都合がいい感じがします。





05/15

 まいど。








 ・・・なんで私これ作ったんだろう。

05/17

 まいど。

 レーダー製作着手。「敵がいるよ」とマークを妥当な場所に付ける作業。
 一応表示はできました。が、激重。
 おまけになぜか1回の表示命令で相対位置と絶対位置が両方表示されちゃう。
 さてどうしたものか。

 unityでやって来たことをDXライブラリにフィードバックしてみるのもありかもしれない。私のスキル上げ的な意味で。




平成28年05月分 マツバラン