11/18
 まいど。

 自分で作った構造体を戻り値や引数にしている関数がマズイみたい。
 とにかく未だにccpファイルを分割すると動かない。保留保留。

 最近ANUBISを遊んだ影響で、松原さんがゼロシフトするプログラムを作ってみました。

とりあえず試験的にキーボードのsボタンを押せば次のフレームには一番近い敵の近接の間合いへ移動するプログラムとしては動作。

 ゲーム中の自機の姿勢をコントローラ以外で制御するのが面倒な構造のため、大抵お互いがそっぽ向いた状態で出現します。
 完成には至っておりません。未完成。

 結果『押せば近場の敵とニアミスするボタン』に成っております

 あと、敵の行動が適当で背景モデルを突き抜けるので、そこでゼロシフトしちゃうとこっちもかべのなかにいる。
 空間転移の難しさを垣間見ました。



11/21

 まいど。

 艦これ秋イベを丙で軽く嗜みつつ・・・

 ブリーフィング画面実装(のための雛形)作成中。
 たぶんゲーム進行のプログラム面の基礎はでけた。

 3Dモデルをリアルタイムで動かしたり2Dのノベルゲーの形式でやると素材制御の準備が面倒なので出来合いのムービー1本見てもらう方式にしたい所『だったのですが』↓

 DXライブラリでのムービー再生では映像倍率が正の整数倍。
 プレイヤーさんが選んだ解像度にはめるのはムリっぽい。
 なので・・・
 『2Dで紙芝居方式で行こう』と。
 …絵師的な技能の負担が高くなるけど致し方なし。
 事実上初と言って良いゲーム制作。ハードルはことごとくくぐって行く所存です。

 じわじわいきますよー。



11/24

 まいど。

 艦これ、江風ええなぁ、時雨とは違う意味で気が合いそう。
 だけど江風を俺提督が描くと翔鶴と区別がつかない。ナゼダ
 描き方研究してる所です。

 夜戦部、川内・江風・時雨(?)好きすぎる。
 今イベ私には天国だけど、群が、群がっ(←修正前のデータがキャッシュに残ってた)
 あと鹿島えろい。

 嵐やグラーフ掘れる気がしねぇ(E4E5S勝利できない)
 あと鹿島えろい。


11/25

 まいど。

 E5クリアお疲れ様的な感じで、今回即席練成で頑張ってくれた江風練習描き。
 ・・・こんなかんじ?

 描き慣れない感じの目と、超長い髪、あっぱっぱーなスソが難しいっぽい。

 全く白露型は最高だぜ!

 レア艦掘りは・・・やるのがレアって方向で。

 自分のペースでライトに遊ばせてもらいます。



11/26

 まいど。

「いっくぜぇぇぇぇ!!」

 ・・・下に描きすぎました。
 うまくやればつま先まで描けたかもなぁ。

 江風の長髪をまろーんと描きたかったのよ。

 今回は2Hの鉛筆だけでなく久々にHBのシャーペンを使用。
 線がハッキリするとやっぱり絵が締まります。

 真っ白なちょっと割高なコピー用紙より安い用紙のほうがまぶしくなくて描きやすいかも知れず。部屋が明るすぎるのかも知れず。

 照明関係はホント死活問題です。
 明るすぎるとイメージしてた絵が頭から吹っ飛んじゃう。
 液晶での作業に未だに慣れないから紙。
 スマホとか長々と操作してたら目が持たへん。

 どうしたものか。


11/27

 まいど。

 Steamオータムセールで安かったので、いくつかゲーム積みました。

 とりあえずUnhackやってみました。
 随分日本に影響受けてそうですがどこの国のゲームなのでしょう?全部英語。
 製作規模は同人ゲーくらいでしょうか?製作3人ボイス4人テストプレイ8人。

 ノベルがメインで、ウイルス退治を抽象化したパズルアクションがちょっとだけあるかんじ。
 パズルが動作している最中にノベルが進んだりも。

 会話形式で進むのでだいたいなんとなくわかりました。
(知らない単語は調べたけど)
 ハマりました。よく出来てます。
 体験版だけで話の40%あるそうで。私程度の英語力で4時間で翻訳しながら全クリ出来たので「なるほど」と。気が向いたら体験版試してみてはどうでしょう。

 ノーマル難易度の残機無限。「ノベルを飽きさせずウイルス退治屋の感覚を味わってもらうためのアクションパズル」と解釈しています。そういう意味だとただ長文を読むより面白いです。
 本編シナリオが上手く纏まっていて感心しました。話が長くなってしまう私はとても見習いたい。
 ゲームとノベルの比率の違いはあれど、これくらいの製作規模のゲームを目指したいと思っていたのでいい勉強になりました。
 画像に出てない黄色い子(Miss Debug)が私的には良いキャラしてました。やー面白かった。

 なにぶん全部英語なのでオススメすることも内容について語らうこともできないけど、オータムセールで199円(追加シナリオ49円)でいい買い物しましたという報告でした。



12/01

Rocket Leagueおもすれぇぇぇ!」

 まいど。

 自作(予定)の『エースオブハート』は『平和なシナリオ』と『シリアスシナリオ』の二本立てと考えていましたが、『試作的にもっとシンプルなのを作るべきだ』と最近思っています。

 バニーな服、研究中。

 洋物のセクシーなバニーガールではなく、ある意味和風なフリフリでかわいい系を…と念じたけどまだまだまだまだフリルが足りない!もっとふわふわのあまあまに!!・・・今後も研究を続けたいと思います。

 久々に最初からデジタル作画。

 やっぱり作業中超目が疲れて、打開策として背景レイヤーをこんな感じに茶色にして刺激を和らげてました。
 ディスプレイやグラボの設定、それとJINS PCで目を保護して、それでも純白に目が耐えられません。
 私の眼球はアウトドア派のようです。

 某絵師さんのコメントに触発されて全工程をクリップスタジオペイントでやろうとしたけど挫折。結局SAI。
 縮小出力はフォトショ。

 任意角ドラッグで画像を回転させるショートカットがクリスタで編集できない&これ以上キーをコントローラに割当られないのでサクサク作業できず挫折しました。

 SAIなら右上に書いた設定で大抵のお絵かき操作が出来るんですよ。(SAI側も設定いじった気がする)
 クリスタのようにSHIFTキー必須に成るとこの黄金キーコンフィグが崩れてしまう。
 キー設定も今後見直していこうそうしよう。



12/02

 まいど。
 必要ないと思うけど、私のSteamプロフィールはコレのはず。ブログパーツにするサイトがなんか動いてないっぽい。ともかく、どんなゲームやってるかは見れるかなと。

「ぶっこんでぃきゃーすんでヨロシク~!」

私:「こういうので良いんだよこういうので」
 乗り物デザイン見習いたい。

 今回のゲームは『GOCCO OF WAR』。
「有名結月ゆかり実況者たちがニコ生で遊んでるぞ」と思わず購入。
 プレイヤーはゴッコ・スタジオ・ジャパンに遊びに来た子どもたちの一人。アトラクション(という名目)でTPSのCOOP形式でクエストをやって行くゲーム。
 普段は徒歩だけど乗り物に乗るとこんなかんじでぶいぶい動かせる。飛んでくれ。

 この路線でフライトSTG作ってくれたら私がゲーム作る必要ないのになぁ。

 兎にも角にも自キャラがかわいい。モデルもモーションも。
 装備や装飾アイテムゲットがめんどくさそうですが・・・
 画像・話・音楽などあらゆる方面で愉快な雰囲気を出している作り、見習いたいです。



12/05

 まいど。
 アイテム合成なら意外とモノが手に入るみたいなので、松原さんっぽくしてみた。

 なんだかんだでロケットリーグ共々オフラインで遊んでいるマツバランです。

 80歳の母がオンラインゲームやボイスチャットなどなどPCに関わるあらゆる概念が分からない。
 何かにつけて呼ばれるので遊べない。
 どんなに教えてもわかってもらえないんだ。
 天気予報で気象予報士が操作すると画面の天気マークが動くのも分かってない。

 それはさておき。

 Rocket Leagueの愛車こんな感じ。かわいい。

 ◇

 土日はお子様が日中町中にいるのでコワイ。自転車キッズは青信号でナナメ横断とかやりだすし。

 なのでカメラ撮影ウォーキングはやらずに、寒い夜明け前にウォーキングしております。
 『寒い思いをするとミトコンドリアが増えて脂肪が燃えやすい体になる』と聞いて嘘か真か試しに半袖で・・・さむっ。嫌でも足早に成るっ。

 なぜか脳内でリピート再生される「ばんばんいっちばーんもってもてー」おのれあにトレEX。おのれアーススター。

 そんなことをしていたら、地味に足に来ていたようでちょっとした段差で盛大にずっこけました。
 やっててよかった柔道授業。前受け身で被害は両掌のみに抑えられました。すりむきました・・・orz

 ・・・なんか以前も似たようなことがあった気がする。
 サイクリングダイエットでつまらないからと700Cタイヤでジャックナイフをやろうとして一人パイルドライバーになった時だ。あのときは半年以上手首が治らなかったっけ。
 今回はダイジョーブ。



12/06

 まいど。

 うさぎ衣装試行錯誤用ラクガキ。今後もいじくるかも。
 最初からデジタルだと紙と鉛筆より時間はかかりますがキレイな線に見えるっぽい。
 紙1時間の絵が液タブ3日くらい。
 折衷で紙で描いてから液タブで修正が良さげです。

 ◇

 絵・プログラム・DTM・・・あとこのサイト。
 動かない趣味を持っているとネックに成るのがダイエットやリハビリ。
 通算7キロ減のままリバウンド無しは良いものの、制作したくてちょっとゆるめのメニューにしたら体重の増減がなくなって2ヶ月。
 医者に怒られない程度に軽くなるまでやっぱり制作の方をゆるくする方向で行くしか無いっぽい。

 でも最近私の好きな鳥が見つからなくて出かける気力がしょんぼりだったりします。カワセミィィィィ!!



12/09

 まいど。
 なんか疲れたので鉛筆祭り。普段より崩れてます。全て勢いです。

 事の発端はこのMAD→愛は酔拳炭
 私が知ってる今年酔拳ネタを使ったアニメはシンフォギアGXとごちうさ二期。


 そして酔拳使ったごちうさのチノの中の人はシンフォギアGXのラスボスの中の人。

チノ「香風智乃の焙煎術がコーヒー豆を壊し『うさぎになったバリスタ』を完成させるッ!!」
ビッキー「コーヒー豆を・・・壊すッ?!」
チノ「私が眠気を覚ますと言っているッ!!」

 なのでオートスコアラーをカフェインファイターに変換。

 参考資料はこちら

 OPの「こ!ど!う!はっ!!」のカッコイイポーズもシャロで挑戦してみたけど挫折。かっこよすぎて真似できねぇ。あとくせっ毛ムズい。


 ※↓閲覧お覚悟を。



「こいつは、どうしよもなく、和菓子だッ!!」
 を描きたかったけど、これ載せたらあかんやつかもしれん。

 夢に出てきたらごめんね。

 集中力切れるとこんなもんです。



12/10

 まいど。
 一人でやれるものなら、私には辞めるという概念は無いかもしれず。

 久々にヨーヨーの話。

 最近の愛機。
 ボルテクス(奥の2つ緑の)
 オルタナティブ(中央白地に赤)

 最近生きるために使ってるカメラで接写してみました。カメラは健康器具&筋トレ用品。

 全部ヨーヨージョーカー製ですが、メーカーは気にせず気分良く遊べるのを選んで行ったらこうなってました。

 細かな調整を気にしないでツーハンドをやりたい時にすぐやれるボルテクス。

 オルタナティブのでかさにウェイト付きはごきげんな慣性モーメントと有効幅(よく回って、よくヒモに乗り、止まりにくい)。ホリゾンタルやイーライホップなどをダイナミックにやるのにちょうどいい。
 私が遊ぶのに細かくなくてちょうどよく、道行く人も大抵競技ヨーヨーを知らないのでそういう人の目にも面白い技がやりやすい。見られちゃってるからには面白がらせたいですからね。

 何はともあれA7075超々ジュラルミン製のヨーヨーが空力で冷たくなる季節。
 プラヨーのシーズンかもしれません。

 ◇

 それにしても、年末の安売りで毛布を新調したのですが、最近の毛布暖かくて肌触りいいですねー。
 なにこのしあわせ。思わず3枚買ってハムスターの巣のような感じにして包まってます。



12/12

 そういえば、来年も喪中のため年賀絵はナシです。

 まいど。
 うっかりしてるとすぐに頑張りすぎてバテるマツバランです。
 カワセミ見たさに公園を張り込みすぎました。えーっと何時間巡回したんだ今日。朝出て昼過ぎて・・・
 反省。
 それでも私のご近所鳥類生態調査は続きます。

 落ち着いた暗い背景にすると江風なんかえろい。

 那珂ちゃんはそうでもない。

 どうしてか全くわからないのだけど私の中で江風の影響がでかいです。
 真似出来そうにない髪のうねうね似せたい。

 江風の中の人がシンフォギアの銭投げの人役もこなしていたことに驚愕。

 これは江風に銭投げやカッコイイポーズをやらせろということか?!

 鉛筆を握るも、撮影でバテて力が・・・きゅ~





12/13

 まいど。

「空き缶星の生態調査」

 もうあの『驚きのカッコ悪さ』が主役機でもいいかもしれへん。変形はボツということで。

 『1つの頭に帽子を2つ付ける』というアホっぽさはアホっぽい内容に合うかなと思ったけど。ちゃんと動く3Dモデルを作るのを考えるとボツの方向で。もでりんぐめどい。

 左肩に担いでいるのは、私が最近使っているカメラのレンズ部分だったりします。ゴテゴテです。
 本体も使い勝手を追求した結果、ゴテゴテとくっつけて原型をとどめてません。ビルド二式大艇ちゃんフルパッケージ!!
 撮影の都合でカメラから離して液晶で見ようとすると
 気分はこんな感じ。「逃げる必要はない」<鳥

 ・・・素人目に本格的っぽい装備だけどお安くまとまっております。なんたってレンズが望遠鏡。もちろんマニュアルフォーカス専用。

 しかし昨日、似たように巨大なレンズに一脚を装備した人が同じ沼で水鳥の多いエリアで撮影しているのを目撃。やっぱ一脚使う人って居るんですねー。
 遠目に見てキャノンのハイエンドな白いレンズ(ヤツ)。絶対にオートフォーカス。
 本体はずっと構えていたのでわからないけど公式追加バッテリーが見える。フラッグシップ機か。
 鳥の眼に目立たないように? 真っ白な鏡筒に布を巻いているっぽい。

 アーマードコア的に言えばあちらがOIGAMI装備の有沢社長ならこっちはロケラン・ノーロックで火力だけは稼いでいる無所属レイヴン。

 なにこのプレッシャー。

 初の見知らぬバーダー(野鳥撮影者)との遭遇。
 思い浮かんだのは価格ドットコムでのレンズ談義での微妙なギスギス感。

 健康のため体力を使い切るように撮影をする私には色々余裕が無い。
 あちらのダンディも全くファインダーから目を離さないし。相当熱心に撮影してるっぽい。

 なので元々の狙い目だったカワセミが出るエリアへスゴスゴと退却。
 趣味の時間をハッピーに過ごす最善手が昨日はコレだったと信じたい。

 結局カワセミは現れずなんかよく分からん鳥を発見。
 ←なんぞこれ。
 上はモズっぽい体型だけどお腹が橙色・頭が灰色。うちの畑のキウイの木を拠点にしてるモズと明らかに違う。
 下は全くの初見。調べてもようわからん。
 スズメ科多すぎ。



12/16

 まいど。
 今日はガーデニング?の話。

 こちらカタバミという一年中花や緑を絶やさないクローバーに似た葉をつける小さな草花。

 刈ろうとしても草刈り機で刈っただけではたんぽぽみたいに深く地面を突き刺す根っこが生き残って復活するといううらやましい生命力の持ち主。

 なので高級志向なガーデニングでは駆除しづらい雑草扱いされたり、とにかく花と緑で彩りたいという家では重宝したりと微妙な立ち位置。

 おかんが気に入って増やしたため我が家は冬でも緑色。たしかに「いつも咲いてる花がある」というのはどこか安心感がある。
 なのですが、
 今年の9月ごろサビ病という黄色いうどんこ病みたいなのにかかってしまっておかんから「治し方調べとくれ=治せ」とお鉢が回ってきました。なんかこう、科学っぽい事はとりあえず私って流れは昔から。

 こんな事もあろうかと予め用意しておいた殺菌剤を二週間に一度散布するという措置で一度は写真のように小さな花が咲き乱れて治ったように見えたものの、11月末にサビ復活。
 このたび花と葉を全部処分してから根っこと土を殺菌消毒してみることに。(それで製作遅れてます)

 ときに、環境問題のせいかウチの市では火を使うと消防車がすっ飛んで来ます。
 麦わら・稲わらの焼却処分禁止は聞いていたけど、何でもかんでも煙を見たらやって来るから殺処分もダメっぽい。
 生きたサビ病いっぱいのゴミ袋を4袋ゴミ捨て場に出さざるを得なかったのですが、正直「防疫的にどうよ?」と思います。
 どうやら私が相手にしているサビ病はカタバミにしか感染しないようなので、私のこれでご近所の庭がパンデミックとはならないと思うけど・・・他の病原体や害虫の殺処分しないままゴミ捨てってやばくね?ゴミ袋をジップロックにするとかしないと。

 そんなこんなで我が家ではできるだけ菌のコロニー的なのを取っ払った状態での殺菌で治ってもらいたいと試みております。
 正直、なまじしぶといから死ぬことも出来ないというのは妙な感情移入をしてしまって、ねぇ。



12/17

 まいど。昨日の続き。
 写真は使っているけど科学よりなのでこちらで。
 趣味と特技で問題解決を試みるワカツリ研。お話だけのつもりでしたが私もやっちゃうかもしれず。

 今日も庭の様子を見ながらサビ病の殺菌をしていたのですが、どうもカタバミをむしった後の壁がそのサビ病っぽい色をしている。意識してなかったので土かと思っていましたが、どうやらコケのようで。
 コケも、サビ病?

 今年加わった新しい趣味、カメラを使って擬似的に虫眼鏡のように拡大してみます。
 以下のどちらの画像もだいたい横幅5ミリくらいに揃えてあります。

 こちらがカタバミのサビ病。
 ドライな状態での撮影。

 ←明るい茶色の小さいツブツブ、これがサビ病です。眼で見るとホント粉。

(こういう資料作成時にまで幻想的にボケようとするマイレンズほんとまじ空気読め。暗くてF値あげられねぇんだよー≧△≦)


 こちらが我が家の壁のコケ(なぜか茶色い)

 気づいて殺菌剤を散布しちゃったあと撮影したので粉っぽいのが落ちてるかもしれませんが茶色いゴツゴツの中に更に小さい粒々が見受けられます。



 正直、菌を採取・調査してみたいですがそんなステキ機材ないのでカメラ止まり。
 細胞の形を見比べていないので確定情報には成り得ませんが、カタバミのサビ病が流行っているところでコケのサビ病も深刻な状態に成っている。
 うちに憑いたサビ病(サビキン類・7000種以上の内の一つ)はカタバミとコケの『異種寄生菌』という見解でほぼ間違い無いのかな、と。
 (理系全員、こういう『自分の頭で考えた推測』と『ちゃんと検査した事実』との分別しっかり付けてね?空想で診断してる若手医師、結構いるよ?)

 そして我が家のコケに注目すると・・・サビ病が我が家で大量発生。敷地3割くらい食われてる。orz
 これじゃあいくらカタバミを殺菌してもサビ病が根絶できないのは道理です。
 勝手に生えて来たので見向きもしなかったので気づきませんでした。←コケ
 ご近所の盆栽のコケとかもヤヴァいかもしれず。

 ――初期検査で見落とした結果がこれだよ!! 前提がひっくり返っちまった!
 コレ、ワカツリ書いてた頃だったら絶対ネタにしたなぁ。良いどんでん返しに使えますよ異種寄生菌。

 しばらく消毒の日々が続くかもしれません。
 でもちょっと自由研究っぽくて楽しかったりします。



12/19

 まいど。
 他のことをやると製作をしたく成ります。

 ゲームシナリオを紙芝居で伝えるしかなくなったわけですが・・・
 そういう表現あまりしたことが無いので練習。
 そもそも用紙をどう使うと描きやすいかあたりから手探りです。



 序盤「ここ地球っつーか俺らの宇宙じゃねーわ」というシーンを考えたらこうなった。

 ・・・眼でご理解いただくなら『地球じゃない』より『地球だった』のほうが楽ですね、猿の惑星で自由の女神見つけるみたいなの。

 それより



 白露型は最高だぜ!
 グッスマ時雨改二。いいものです。
 本体もいいけどガンキャノン言われてた背中パーツ(今は両手パーツ)、大好き。

 ・・・どうも私は奥行きをジグザグに使う構図が好きっぽい。


12/21

 まいど。紙芝居下書きからちょっと脱線。

 スカイフィッシュ改修版。
 変にメカっぽい尾翼を付けるよりこういう適当加工のほうがむしろ妥当な気がしてきました。




12/20

 まいど。

 ①カレーができました。

 コレが後に『スパイシーショック事件』と呼ばれる単なるチェックポイント通過型ステージの発端だったそうな。

 ・・・続き書けるんだろうか。




12/21 追記

 またまいど。

 飛行機の機体デザインセンスを磨こうと、SimplePlanesという自分でパーツを組み立てて飛行機を飛ばすゲームをやってました。
 わりとシムっぽい動きをするので動かしやすい機体を作ろうとすると大変そうです。

 レースをやったりCPUと対戦したり、『短距離離陸せよ』みたいなお題をクリアするために機体を組むような感じで・・・短距離離陸機を作ったらこうなりました↓



 ・・・短距離離陸という目的のために手段を選ばなかった結果がコレです。

 もはや飛行機の形状ではないかもしれません。
 短距離離陸のため揚力を稼ぐ主翼4枚。推力を稼ぎだす4発ジェット。
 それを押さえこむためのための後方三胴方式(胴体全部燃料タンク)で尾翼カーニバル。
 インベーダーゲームの敵っぽく成りましたが、クリアしました。

 まともな飛行機を作るセンスを磨くはずだったのに・・・
 スカイフィッシュより空を飛んではいけないものを生み出してしまったかも分からんです。


12/25

 まいど。
 寒いのニガテです。真夏のクソアツイ日のほうが元気な気がします。

試作スパイシーショック事件2コマ目。
②空き缶星人もカレー食べてみた。

 ・・・なんでこのコマをインチキ3点パースにしてしまったのだろう。




12/31

 まいど。

 プログラム方面。最近「お話を見せるより前に音を鳴らしたり爆発させて遊べるようにしたほうがよくね?」「クリア条件は画面の右上にでも書いとけばええやろ。」と思いはじめました。

 絵は描き続けますがその裏で、音を鳴らすのと音量オプションの実装をやっちまおう。と。

 低空過ぎる警報の低空の判定とスロットルに合わせてタービン音がキイインと上がっていくアレはまだ私が知らない技術や工夫が必要っぽいのでムリですが、とりあえず音関係の基礎をやってみようと思います。
 ・・・時期的に来年の抱負でしょうか。

 写真方面。12/13の未確認鳥類は上下どちらも河原鶸(カワラヒワ)でした。
 昨日別アングルで撮影出来て判明。ご近所の生命体も知らないの結構いますねー。



 ←これも昨日撮影した一枚。

 トンビを撮ったわけですが、背景に成ってる空の色が気に入っております。

 湿度の低い快晴で撮影したのが良かったのか、前々から出したかった『ベタ塗りの空の青』がようやく出てくれました。

 スカイドームづくりでこの色を軸に描いたらどうなるかなと思っております。
 自分が選ぶ空の色とちょっと違うんですよ。


 色々作りたいものがある中、「やらないとお前死ぬぞ」と脅されているものもあり、にっちもさっちも行かなかったりしますが、まぁぼちぼちやって行くとして・・・

 そんなわけで皆様良いお年を~